【終了】10月2~4日『源につながる清里リトリート~森の中でUの谷を探求する2泊3日~』

米国コロラド州クレストン。州南部に位置する小さな田舎町は、U理論が形成される過程でオットー・シャーマー、ピーター・センゲ、ジョセフ・ジャウォースキー各氏に大きな影響を与えた地です。この地をベースに Way of Nature を主宰し、源とつながる体験を世界中に提供しているジョン・P・ミルトン氏は、「聖なる道(Sacred Passage) 」というプログラムを通じて、エコロジーやネイティブ・アメリカンの知恵、太極拳・気功、瞑想などを統合し、源(ソース)につながるためのプラクティスを伝えています。 ミルトン氏のプラクティスの片鱗は、名著「出現する未来」そしてジョセフ・ジャウォースキー氏の著書「シンクロニシティ」「源泉」に描かれています。 自然の中で、自然に許可をもらい、感覚を開き、大地とつながるプラクティスを学び、一人きりになって地球と、自分自身と、そして源につながる日々を過ごす。自然とのつながりから離れてしまった現代の私たちにとって、源につながる上では、自然の中でのプラクティスは欠かすことができません。 

このリトリートでは、日本人としては数少ない「聖なる道」経験者をナビゲーターに、ミルトン氏が伝えてくれたプラクティスを分かち合うことを通じて、自然の中で源につながる体験を探求します。 会場となる山梨県北杜市清里は、日本の環境教育や体験学習を語る上でも欠かすことのできない土地です。この地に60年以上の歴史を持つ「竹早山荘」を起点に、周辺の森に入っていきます。 


このプログラムで期待できる経験

・自然の中で自然と、そして自分自身とつながる時間 

・ジョン・P・ミルトン氏が実践するエネルギーワークや瞑想法、11方位の儀式などを実際に体験してみる  

・体験を分かち合うことを通じて得られる洞察、そして仲間とのつながり

・体にも環境にも優しい山荘ならではの食事

・雨でなければ、焚火も!

※ 今回のリトリートは、あくまでも「聖なる道」を体験したナビゲーターによる経験とプラクティスの分かち合いになります。ジャウォースキー氏がバハカリフォルニアで経験したような体験をそのまま味わえるようなものではなく、源につながる体験の探求の入り口のような機会としてご理解ください。


ナビゲーター:関口 守 

自然体験学習、冒険教育、環境NGOなどの経歴を持つ。「体験を通じて人が自然とつながり、自分とつながり、人とつながることをサポートする」ことを旨とし、Pathway を主宰。2017年にコロラド州クレストンの「聖なる道」プログラムに参加。現在は清里をベースに自然の中でつながりを取り戻すための体験を提供。

「環境的に持続可能で、社会的に公正で、精神的に充足した生き方を実現する」ためのNPOセブン・ジェネレーションズ理事

ジョン・P・ミルトン氏について

(プレゼンシング・インスティテュート主催2021年グローバル・フォーラム「オーディオ・ガーデン」のオットー・シャーマー氏による紹介及びインタビューから抜粋)

1960年代初頭の環境運動の誕生に大きく貢献。編書『Future Environments of North America』の中で “environment(環境)”という言葉を地球のエコロジーという文脈で初めて使用。70年代初めにエコロジストとしてホワイトハウスに入り、環境保護関連の法制定・整備に尽力し、それが米国環境保護庁設立の流れを生んだ。

その後、環境運動のスピリチュアルな側面に焦点を移し、ビジョンクエスト(ネイティブアメリカンの通過儀礼で、自然の中で1人で過ごし、自分にとって意味のあるビジョンやインスピレーションが現れるのを待つ自己発見のプロセス)をベースとしたリトリートを主催してきた。

もともとネイティブアメリカンの文化に深く影響を受けた家庭に育ち、5歳頃からビジョンクエストを行いたいと家族に訴えていた。7歳で両親・祖父母から許可され、5日間のビジョンクエストを行い深い自然体験を持つ。その後毎年1回から数回ビジョンクエストを行うようになる。18~19歳頃マヤ文化の師と出会い、熱帯雨林で1年間を共に過ごす。そうした体験が、50年代にエコシステムを学ぶに至った背景にある。

公共政策に深く関わっていた時期に、環境運動のリーダー達が、思うように進まない状況に意気消沈していた状況があった。そこで「バージニア州の私のところに来ないか?森でキャンプさせてあげるよ。自然に繋がることができる。私は小さい頃からずっとやっているんだ。」と声をかけた。森から帰ってきた彼らは、自然とのつながりを見出し、インスピレーションと創造性を得た。つまり源(ソース)とつながった。それをきっかけに、世界中の自然とつながる文化システムの探求を始めた。禅、仏教、キリスト教神秘主義、先住民の文化、道教など。そしてそれらの伝統に共通する原理を凝縮してトレーニングプログラムを作った。現在その活動は世界に広がっている。

参考ウェブサイト:wayofnature.com


●日時:2021年10月2~4日(土・日・月)の2泊3日、2日11時開始〜4日11時終了予定

●場所:山梨県北杜市高根町清里3545−1竹早山荘(基本的に2~3名の相部屋となります)

●費用:税込50,000円(宿泊費、昼食2回、夕食2回、朝食2回)
(竹早もりびと会員は割引あり 詳細はお問い合わせ下さい)

●定員:12名(18歳以上)

●持ち物:着替え、洗面用具、タオル、しっかりした靴、レインウェア、レインブーツorシューズカバー、防寒具(フリースやジャケットなど暖かい服を必ずお持ちください)

●来場方法:東京または名古屋方面より JR小淵沢駅から小海線にて清里駅
長野方面より 小海線にて清里駅
(小淵沢発10時7分、清里駅10時33分着に乗って頂ければ清里駅にお迎え可能)

●キャンセルポリシー
・当日 100%
・9月30日〜10月1日 70%
・9月25日〜29日 30%
・9月24日以前(手数料として1000円頂き、残額を返金致します)

●世話人 秋元香里(GAIAjourney日本語版運営メンバー)、内村真澄(GAIAjourney日本語版運営メンバー)

●ご質問・お問い合わせ 関口守 24.mskgch@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です